【Laravel】Livewireのインストールと事前準備

laravelのパッケージ「livewire」

Livewireとは?

javascriptを1行も書かずにVueやReactと同じような非同期処理(ajax)が実現できるLaravelのパッケージです。

Livewireの使い方を簡単に紹介

Livewireをインストールする

composer require livewire/livewire でLivewireをインストールして使い始めることができます。

Livewireを使い始める準備をする

viewのbladeファイル内にあるheadタグの最後に以下の記述を追加してスタイルを読み込みます。以下の通り、2つの読み込み方がありますがどちらかを記述すれば大丈夫です。

 @livewireStyles
<livewire:styles/>

同様にbodyタグの直前に以下の記述を追加してスクリプトを読み込みます

 @livewireScripts
<livewire:scripts/>

これで使い始める準備は完了です。

Livewireコンポーネントをコマンドから作成する

php artisan make:livewire component-name でコンポーネントを作成することができます。コンポーネントを作成すると、コンポーネントのフロントを管理するviewファイルとサーバー処理を管理するcontrollerファイルがそれぞれ作成されます。(厳密にはviewでもcontrollerでもないです。)

詳細はLivewire公式サイトからご覧ください

Livewire公式サイト:https://laravel-livewire.com/docs/2.x/quickstart

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。