バージョン指定してLaravelをインストールする

phpフレームワーク「laravel」

PHPの人気フレームワークであるLaravel(ララベル)をライブラリ依存管理ツールComposer(コンポーザー)を使ってインストールする方法を紹介します。特定のバージョン指定をしてインストールする方法を中心に、いくつかのインストール方法を紹介しています。詳しいインストールの方法等の情報はLaravelの日本語ドキュメントを参照してください。

特定のバージョンを指定してLaravelをインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name "バージョン" でバージョン指定をしてプロジェクトがインストールできます。

また、composer create-project "laravel/laravel=バージョン" project-nameといったコマンドでも同様に特定のバージョンのLaravelがインストールできるようです。

Laravelの8.x系をインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name "8.*"

Laravelの7.x系をインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name "7.*"

Laravelの6.x系をインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name "6.*"

最新のLaravelをインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name

グローバルのLaravelインストーラーからインストールする

以下のようにしてグローバル環境にインストーラーを用意してダウンロードすることもできます。

最初に、Laravelのインストーラーをグローバルにインストールします。

composer global require laravel/installer

次に、以下のコマンドでLaravelをインストールします。

laravel new project-name

現在のディレクトリにLaravelをインストールする

composer create-project laravel/laravel . で現在のディレクトリにLaravelをインストールできます。

新しくプロジェクト用のフォルダを作成してLaravelをインストールする

composer create-project laravel/laravel project-name でproject-nameフォルダを新たに作成して、その中にLaravelがインストールされます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。